事業紹介

「地域防犯型自販機」とは

「地域防犯に貢献する」という主旨のもと、飲料メーカーに協力して頂き、飲料自販機の設置を条件に、防犯カメラを無料で設置していただける仕組みです。
防犯カメラ本体及び設置工事費は飲料メーカーに負担してもらいます。また、電気代等毎月かかる費用は、飲料メーカーからの販売手数料を充当して頂くため、初期費用、ランニングコスト無料で防犯カメラを導入できます。
防犯カメラの撮影範囲に公道を含めることで、近隣で事件が発生した際は警察等にデータを提出するなど、地域の防犯・犯罪抑止に貢献することができます。

設置可能な場所

マンション・商業ビル・会社・店舗・工場・駐車場など、自販機の設置が可能であればどのような場所でも設置が可能です。
防犯カメラは敷地内であれば自販機と離れた場所に設置することも可能です。
人通りの多い正面に自販機を設置し、防犯カメラを裏口付近へ設置する…等、オーナー様のご希望に合わせてご利用頂けます。
※自販機の設置には飲料メーカーの事前調査が必要となります。調査の結果、ご希望に沿えない場合もありますのでご了承下さい。

導入までの流れ

    1.設置候補地の調査

防犯カメラ付で設置が可能か、飲料メーカーによる調査を行います。調査の結果が出るまで1~2週間お時間を頂きます。
調査の結果、飲料メーカーが防犯カメラをプレゼントして設置するか、飲料メーカーが防犯カメラをリースして設置するかが決定します。
また、売上が見込めず電気代程度の手数料をお支払いできないと判断した場合は設置をお断りさせて頂きます。

    2.自販機及び防犯カメラ設置の契約

調査の結果、設置可能となった場合、飲料自販機の設置に関する契約を交わして頂きます。
防犯カメラの設置については、飲料メーカーがリースする場合、契約が必要となります。

    3.自販機及び防犯カメラ設置

契約が完了しましたら、自販機及び防犯カメラを設置させて頂きます。
場合によっては自販機と防犯カメラの設置日が異なる場合がございます。
立地条件や契約事項の進捗状況により、調査の依頼から設置完了まで、数週間~数ヶ月となります。

Copyright(c) 2010 Global Construction Co., Ltd. All Rights Reserved.
Designed by o2BusinessTheme